Top >  もてる女と香水 >  もてる女の香水をつける場所:基本

もてる女の香水をつける場所:基本

もてる女は、香水をうまく使うテクニックを持っています
香水は、つける場所によって香りの効果が変わります。
香水をつける基本的な場所として、胸があります。
胸は、左よりで心臓の上あたりが効果的で、心臓の鼓動がそっと香りを立たせてくれるといいます。
また、香水を使う時に、気をつけなければならないポイントとして、デートで食事などの香りに気をつけなければならない場所に行くときなどは、香水を腰より下につけるのが基本のマナーです。
そして、香水をつける場所として、最も基本的なところは、手首の内側です。
片手の手首に少量をつけて、両方の手首をこすり合わせてゆっくり伸ばすようにつけましょう。
手首も胸と同じように、脈が打つのに合わせて、香りが広がるということです。
手首に、腕時計やアクセサリーをつける場合は、手首を避けて、ひじの内側に香水をつけましょう。
胸や手首と同様に、ももやひざの内側の、静脈の上につけことも効果的です。
もてる女は、足首に香水をつけて、歩くたびにほのかに香りを立たせたりするテクニックも持っています。
また、直接に肌につけなくても、ハンカチに香りを含ませて、そっと指先を包むことでも、香りが広がります。
香水をつける場所を選んで、香りの効果を十分に活かせるのが、もてる女のテクニックです。

片思いから両思いにさせる誰でも使える心のコントロール方法

関連エントリー